snkd97’s blog(G/N design)

snkd97と仲間たち!続編です。G/Nブランドの確立を目論みますw

マチックが魔チックになるために。その6

前回ケースの黒錆酸化皮膜まで完成したスポーツマチック5ですが、いよいよ組立です。

 

その前に気になる品がオークションにあったんですよね。

 


f:id:snkd97:20210418133235j:image

黒文字盤です。デッドストックですって!

ケースがガンメタだから黒文字盤もいいかなぁと思いながら入札してました。

 

が!

高い!3000円越えそうなので断念しました。

もともと、チャプターリングが白なので文字盤だけ黒なのもなぁ…と思ってたので。

 

ということで、文字盤は白のままで組立です。

特に困ることもなく組立終わりました。

 


f:id:snkd97:20210418133551j:image

ねじ込み式リューズに、酸化皮膜コーティング。水にも錆びにも強いスポーツマチックが出来ました!(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

 


f:id:snkd97:20210418133715j:image

黒錆酸化皮膜は、他に真鍮のケースを持ってないのですが、色々と試してみたい方法ですね。

塗装でもなく、ステンレス風の色や光り方でもなく、不思議な印象です。

劇薬を購入してしまったので、使わないといけないかな、と。

 


f:id:snkd97:20210418134046j:image

ベルトは黒革のものにしてもいいかな?

とりあえずグレーのストラップにしてモノトーンでまとめてます。

 

ということで、マチックは「魔チック」になれたでしょうかねぇ?

ヴィンテージぽさを排除するというのは達成できたと思ってますけどね。

真鍮染めが面白いので、もう一つくらい購入して真っ黒な「松崎しげるモデル」を作るのもアリですね!

 

…あ!黒文字盤買っときゃよかった…


f:id:snkd97:20210418172338j:image

酸化前。

f:id:snkd97:20210418134554j:image

酸化後

エクワンオマージュ


f:id:snkd97:20210417195236j:image

先日ねじ込み式リューズにしたSNX997です。

これにエクワン風の文字盤を入れてみようかと思い文字盤を注文してました。

 


f:id:snkd97:20210417195411j:image

これ。どんなものが届いたかというと…

 



f:id:snkd97:20210417195547j:image

これ。なんと!

ロゴが書いてあるじゃないですか!

なんてことでしょう!(棒読み)

 

ま、書いてあるものはしょーがない。

オマージュですからねっ!(コピーなの?)

 

ムーブメントは先日オークションで購入したブラックボーイの7s26cです。

歩度が安定しなくてヤバいかもしれないと思ったのですが、しばらく様子見で動かしてたら安定してきて、振りも元気になりました。


f:id:snkd97:20210417204338j:image

ほら、こんなに順調。

うーん。なぜ?

 

ま、様子見も兼ねて使ってみようかと。

そういうことで、ちゃちゃっと組み立てると…

 


f:id:snkd97:20210417200121j:image


f:id:snkd97:20210417200137j:image

なかなかいい感じです。

気に入りました。

やっぱり文字盤に文字が書いてあると繊細な感じがしていいですねー

 


f:id:snkd97:20210417200252j:image

裏からみればセイコー5ですw

 


f:id:snkd97:20210417200329j:image

小振りだし、一応防水だし、いい感じです。

 


f:id:snkd97:20210417200452j:image

大きさがいいですねー

 

ところで、この文字盤は届いたときに直径が29㎜だったんです。もちろんセイコー5のケースに入りません。

 

買ったのは28.5㎜だったのに29㎜が届いたんでアリエクのcellarに文句を言ったんです。

 


f:id:snkd97:20210417201127j:image

こんな風にw

 

 


f:id:snkd97:20210417201146j:image

何をとぼけてるのか?

 

 


f:id:snkd97:20210417201218j:image

これでどうだ?


f:id:snkd97:20210417201238j:image

正しい大きさを送ってよ!と連絡。

 

 


f:id:snkd97:20210417201314j:image

どうやらエクワン風の文字盤は28.5㎜のものが無いらしい。

好きなものを選べ、といくつかの候補が送られてきました。

 


f:id:snkd97:20210417201454j:image

これにしましたw

 

 

ということで、もうひとつ送ってもらうことで手を打ちました。

え?ひどい?そんなこと無いでしょ?

 

 

そして、29㎜の文字盤の周囲を削り、28.5㎜にして装着しました!

 


f:id:snkd97:20210417201651j:image

 

マチックが魔チックになるために。その5


f:id:snkd97:20210417101700j:image

紅茶に漬け込むという荒行を受けたスポーツマチックですが、たいした変化はありませんでしたw

 

若干色が濃くなったようには見えましたが、求める黒さとは全然違います。

 

本日は新たに入手した劇薬を使います。

前回の劇薬「いぶし液」は、温泉玉子臭もあり、劇薬っぼかったにも関わらず何も変化しなかったという…

 

真鍮はかなり安定した金属なのか、なかなか反応しないみたいです。

 

そこで、


f:id:snkd97:20210417102134j:image

真鍮専用のパティーナを使います。

ティーナとは電解液という意味みたいです。何用語なんですかね?

 

さて、脱脂したケースを用意します。


f:id:snkd97:20210417102321j:image

水50㎜に対して、パティーナを「トポトポ」と入れました。

すみません、計量の手段がないので…

トポトポですよ!

恐らく5%くらいに薄めたんだと思います。

 


f:id:snkd97:20210417102559j:image

ドボン。

 

1分くらいは何も変化無く、「ぁぁ、またやってしまった…」と、挫けそうになっていたんですが…

 


f:id:snkd97:20210417102716j:image

ん!ちょっと黒くなってきた!

 


f:id:snkd97:20210417102744j:image

ぬぬ!紫色?

 



f:id:snkd97:20210417102829j:image

あう!青色!

 

青焼も酸化皮膜だから同じようなモノなんでしょうか?私は理系ですが、化学にはとんと疎いので、よく解りません。

 


f:id:snkd97:20210417103002j:image

そんなこんなのうちに、あれまぁ真っ黒。

 


f:id:snkd97:20210417103051j:image

こんな感じのガンメタです。

 

しゅっわわーって泡が出て発熱しながら色が変わるのかと思ってましたが、地味~に少しずつ色が変わっていきます。

えぇ、地味ですねぇ。

 


f:id:snkd97:20210417103318j:image

そんな地味さとは裏腹に真っ黒です。

この黒い物体は何処からやってきたんでしょうか?手品のようです。

 

 


f:id:snkd97:20210417103456j:image

ごしごしと流水で洗ってみたら、結構色が落ちました。

色というより「スス」がついてる感じです。

メッキを剥がしていない内側なんかはゴソッとススがとれるんですよ。

 

もう少し黒くてもいいかな、と思いもう一回漬け込みましょう。


f:id:snkd97:20210417103713j:image

今度はベゼルも一緒に入れてみます。ベゼルはステンレスっぽいから染まらないかな?

 


f:id:snkd97:20210417103809j:image

染まるとか染まらないは関係なく、金属はすべてススで包まれます。

いやはや、真っ黒です。

 


f:id:snkd97:20210417103926j:image

ケースはこんなに黒い。

今度は流水で流さず、水分を軽く拭き取って、軽く指で擦ります。

 


f:id:snkd97:20210417104125j:image

それなりにススを落としていくとガンメタの光沢のある金属面になりました。

なかなか綺麗です。

 


f:id:snkd97:20210417104226j:image

ベゼルは、やはり染まりが悪かったですが、それでも黒くなったように見えます。

バックが黒いとよく解りませんねw

 


f:id:snkd97:20210417104342j:image

こんな感じです。いやー綺麗です。

普通のステンレスのケースを並べてみました。

 


f:id:snkd97:20210417104417j:image

ちょっとこの手法に凄い可能性を感じます。

文字盤、針、インデックスなど、いろいろ試せそうです。

 

ということで、魔チックに更に近づきました。

早速組み上げてしまうか、ということも考えてますが、今日一杯ある部品の入手を試みてます。

週末に部品を入手…例のあれですよ。

それ次第で少し仕様が変わりますので、本日の夜に方向性が決まるかな~!

 

 

またアリエクで…その?

もう回数を数えるのも億劫になるアリエクのあるあるです。

 

先日、SNZF17のケースに合う風防を注文したんです。

直径31.0㎜です。


f:id:snkd97:20210413231459j:image

ドーム型で130円なら安いかな?

まぁ、サファイアガラスでなくてもいいかな~と思って注文したわけですよ。

 

「10個ダブルドーム」とか書いてあるけど、まぁ日本語訳なんてまともに出来ないサイトだから、気にしなかったんですけど…

 

 


f:id:snkd97:20210413231743j:image

10個届いた!

 

1枚13円…

 

マジか…儲かるんか、これ。

梱包とラベルだけでも5円くらいでするやろ?

 

恐るべしチャイナパワー。

 

でも、写真にデカデカと写っているのに商品でなかったり、今回みたいにずらっと並べてあったものが全部届いたり…

 

…わかりにくっ!

 

マチックが魔チックになるために。 その4

なかなか上手く行かない真鍮(と思われる)のケースの黒錆化。

 

温度が高いと上手く行くとか、そんな情報もあったので、再度レモンティー作戦です。

(懲りてないw)

 


f:id:snkd97:20210411233240j:image

よく脱脂したケースをコップに入れ、紅茶パックをのせる。


f:id:snkd97:20210411233351j:image

また、キレートレモンです。

 

今度はこのレモン汁を熱くします。

 


f:id:snkd97:20210411233448j:image

グラグラさせて…

 

 


f:id:snkd97:20210411233511j:image

レモンティー発動!!!

 

 


f:id:snkd97:20210411233543j:image

熱いので注意が必要です。

 

さぁ!これでどうだ?

 

…3日くらい漬け込むという情報もあるので、しばらく置いておきましょう。

 

でも、酸化皮膜を作るのになぜクエン酸とタンニンなのか?

それってただのレモンティーじゃん!って思うんですが、どうなんでしょうね?

 

現在、1日半くらい経ちましたけど、何も変化がありません。やはりダメか…

 

 

もう、次は失敗できません。

確実に真鍮に黒錆びを作れる薬品を探しました。


f:id:snkd97:20210411225621j:image

「パティーナ ブラックC」という薬品が、真鍮専用でかなり良いみたいです。

こいつに賭けよう!

 

https://www.shopmerrygoroundglass.com/smp/item/50061.html

ここで買えます。たぶん一番安く買えます。
f:id:snkd97:20210411225635j:image

劇薬のため、押印のある書類が提出必要だそうです。

 

これでダメなら諦めようかな~

さて、早く組み立てたいですね~

リューズの妄想 その10



今日は穴の空け方でミスったSNZF17のケースの敗者復活戦です。

 

先ずは棒ヤスリを電動ドリルにセットして、穴を拡大しました。


f:id:snkd97:20210411150728j:image

 

よしよし、この拡大した穴にガスケットになる銅のパイプを打ち込みます。

 


f:id:snkd97:20210411150825j:image

プラスチックハンマーでコンコンと叩いて打ち込みました。ロックタイトも塗っておきました。

 


f:id:snkd97:20210411150933j:image

ドリルチャック付の自作圧入機にセットしてタップでネジを切ります。


f:id:snkd97:20210411151138j:image

少しネジを切り始めたところです。

もう少し奥までネジを切らないとチューブが入りきりません。

 

グリグリとタップを回します。

銅だから、めっちゃ楽勝です。ホント、ステンレスは手強いですから。

このパイプ、元は何だったかというと…


f:id:snkd97:20210411152109j:image

これですw

 

さて、ほぼ想定通りにネジが切れましたので、タップを抜いてチューブをねじ込もうかと…

 

 

…なんか変なものがタップについてる…


f:id:snkd97:20210411151602j:image

もしかしてこれはアレ?

 

アレですよね?

 

 

…なんたること!

 

 

 

やっぱりアレでしたよ。
f:id:snkd97:20210411151552j:image

打ち込んだ銅パイプ!

 

外したらヨレヨレで修復不可能。

あー悔しい!

もう一息で完成だったのに…

 

まぁ、やり方は悪くなかったことは確認できましたから次こそは上手くいきますように…

 

つづく。

四つ目のSKX

先日オークションで入手したSKX007。

実はこれまで手元に3つあるから4つ目である。

ブラックボーイ好きかもしれません。(かもじゃないだろ?)


f:id:snkd97:20210410150629j:image

そんなブラックボーイを分解清掃するにあたり、ムーブメントの歩度を測定してみました。

 

干支足が折れて文字盤が回転していることから、おそらく時計を落としてどこかに衝突した時に、中のムーブメントが動こうとして折れたんだと思います。

ムーブメントが、スゴく心配です。

 


f:id:snkd97:20210410150945j:image

うわ!なんだこれ!

ちょっとヤバいかも。

 

でも一旦針をはずしたら改善するかもしれませんね。

 

 

場合によってはテンプを交換です。

できるかな?
f:id:snkd97:20210410151037j:image

前に100円くらいで買ったテンプです。7s36用ですけど、まあ同じかな?

 

 


f:id:snkd97:20210410151212j:image

改装ばらして洗浄します。

 

 


f:id:snkd97:20210410151244j:image

予想通り干支足が折れてます。

 


f:id:snkd97:20210410151324j:image

とりあえず片振りを改善しました。

おっ!

まあまあいい感じになってきた。

 


f:id:snkd97:20210410151442j:image

7s26cなんで、比較的新しいですよね。

 

もう少し歩度を詰めようとして、クロックチューナーの画面を見ていて気づいた。

スゴく歩度が揺れ動いてる。

なんで?


f:id:snkd97:20210410151741j:image

びょーん、と変化し、


f:id:snkd97:20210410151812j:image

ぐいっとグラフが曲がる。

 

うーん、なんでだろ?

 

ちょっとこのムーブメントてこずるかもしません。

こういう現象はなぜ起こるんでしょう?

 

 

またまたアリエクで その2

ただいま仕入の第三ステージです。

買って売ってを1ステージとして、第三ステージの仕込みに突入です。

 

出張から帰ると…


f:id:snkd97:20210407180537j:image

 

こんなに荷物が!

 

まずはこれ。


f:id:snkd97:20210407180604j:image

みんな大好きブラックボーイ

 

ジャンクで11000円くらい。

ブレスつきなら安いかも。

文字盤が回転してます。おそらく落として干支足を折ってしまっていて、分針と秒針も接触してます。

ムーブメントが心配なところです。

 

コイツを「至高のボーイ」に仕立てます。(そして高額で売却キヒヒヒヒ)

 

いや、ボーイの部品が余ってるから使おうかな、ということです。

文字盤はこれを注文済み。


f:id:snkd97:20210407181008j:image

私の中でクリティカルヒットです。

リミテッドエディションですよ!

セイコーさんやってくれましたよね!

いや、中国のセイコーさんですけど…

防水性能も300mにアップされてますし、スゴいですねw

 

 

 

これを使って、コインエッジベゼルとか、ドーム風防、針はどうしようかな…

 

ボーイらしさを残して、高級感というかレア感を出したい。

文字盤は複数買ったので一つは自分用です。

 

 

お次はこれ。


f:id:snkd97:20210407181426j:image

針てんこ盛り。安かったので。

 

さらにこれ。
f:id:snkd97:20210407220611j:image

巻真です。

 

針と巻真はストックが欲しいところですからね。

 

次はこれ。
f:id:snkd97:20210407220728j:image

風防です。

31.5Φなので、ブラックボーイ用かと思われるかもしれませんが、ホワイトアウト用です。外径は同じですが厚みに注意です。

これだとブラックボーイには薄すぎです。

 

と、ここまでは真っ当な部品ですが、ここからがイロモノです。

 


f:id:snkd97:20210407221027j:image

青い粉です。(イロモノだけにw)

夜光の粉です。レジンと混ぜたら素敵なことになるんじゃないかと想像してました。

でも、ちょっとイメージと違います。

…光ったときに青いんじゃなかったっけ?

 

買ったときの写真です。
f:id:snkd97:20210407221305j:image

光ったら緑なの?

結構イメージと違うな…

 

光ってないときの写真は…ない。

またもや、やってしまった…

 

 

しかし、昔と違って学習してますから!

怪しい品を買うときは保険を掛けます。

 


f:id:snkd97:20210407221708j:image

こちらの商品も買っておいたのですよ!

準備がいいでしょ?

 

こちらの品の封筒を空けるとき、大量にある封筒をバッサバッサと切って空けていたら、中のビニールまで切ってしまい…


f:id:snkd97:20210407221851j:image

プラスチックケースに引っ越しです。

びちびちの封筒に入れてくんなよ…油断した。

 

こちらの粉は白いです。

よく税関通ったな…怪しい白い粉が、厳重なピチピチの封筒に入ってましたよ。

 

末端価格は…グラム10円です。

まぁ、モノがよければいいんですよ。

 

これらの粉がどれくらい光るかは今後実験です。

ちょっと嫌な予感がするのは、寝るときに部屋の電気を消したら、光ってなかったように見えたから。

いや、気のせい気のせい。

だって販売の写真はあんなに光ってるんだから!(何を信じているのか…)

 

夜光は自分で上手く塗れるようになりたいんですよね。

塗料だと乾くとシワになったりするから、マニキュアの透明かパールホワイトなんかに混ぜようかな、と考えてます。

マニキュアは本当にいいですよ。

水に強くて、乾いても縮みにくい。除光液でさっと落ちる。小瓶で売ってる。刷毛が付いてる。

マニキュアの販売員みたいなセリフですねw

 

奥さんに見つかったら変な疑惑を持たれるから、奥さんのマニキュアから探すかな?

決して100Yenショップで女装癖のオッサンと思われるのが嫌な訳じゃないw

 

以前にネイルの部品の小さな四角が文字盤のインデックスにピッタリだと思い、色々と悩んで選んで、ついでに墨入れ用の黒のマニキュアを買った時のレジのオネーさんの冷たい視線がトラウマになったわけではない。

 

断じてない!(トラウマ確定)

リューズの妄想 その9

またまたネジ込み式のリューズに付け替えを進めてます。

今回はSNX997です。


f:id:snkd97:20210406213935j:image

早速穴を空けて…

 

ドリルでグリグリする前にリューズパイプの外径を計ってみました。

 

ジャスト2.5㎜。

そこに2.5㎜のドリルで穴を空ける。

思いの外、簡単に穴が空く。

切り屑にパイプがそのまま入っている。

 

…えーっと、つまりパイプが抜けてただけ?

今までステンレスに穴を空けてるつもりだったのは何?

 

穴がずれたとたんにドリルで穴を空けるのが大変なのは、それこそ本当に穴を空けてるから?

 

状況的にはそういうことですね。

 

穴を空けたのではなく、パイプを抜いただけ

 

まぁ、そういうことです。(キリッ

 


f:id:snkd97:20210406214621j:image

今まで穴を空けたみたいに書いててすいません。勘違いでしたm(_ _)m

 

ということで、意外とハードルは低いので皆さん是非!

 



f:id:snkd97:20210406214803j:image

ほら!簡単に。

 

リューズに王冠が書いてあり、コイツは折角なんでオマージュに仕上げます。(折角?)

 


f:id:snkd97:20210406215002j:image

28.5㎜のエクワン風の文字盤!

 

「エクワン風」とかいって、普通にロゴが入ってたりするのがアリエク流。

どんな時計になることやら(コピー品だろ?)

 

いやいや、私は誠実なバイヤーを信じたい。決してロゴが入ってることなんて…

 

…普通にあり得るw

 

ま、裏ぶた見れば「SEIKO」って書いてあるし。騙される人居ないし。

ネタですね、これは。

 

ということで、文字盤届いたら早速作りましょ。エクワンオマージュを。(だからコピー品だって!)

 

お楽しみに!(誰も楽しみにしてないし)

 

 

 

マチックが魔チックになるために。その3

ケースの黒錆化を目指して準備中でしたが、劇薬が届きましたよ。

 


f:id:snkd97:20210403202647j:image

銅板いぶし液です。

真鍮にも使えるらしいですが、よく解りません。

 


f:id:snkd97:20210403202812j:image

飲んだり目に入れたりしてはいけないそうです。

こんなヤバそうな色の液体ですから、しないしない…

 


f:id:snkd97:20210403202920j:image

いぶし液と器類とスチールウールです。

水溶液にはお湯を使うといいそうです。

黒錆ができたらスチールウールで擦ると均質な黒錆びになるそうです。

 

と、ネットの情報を寄せ集めて準備しました。

 


f:id:snkd97:20210403203115j:image

原液を少し出しました。

薄めの方がいい黒錆になるそうです。

ここにお湯を注ぎます。

温泉玉子の匂いがします。

 


f:id:snkd97:20210403203216j:image

そこにジャポンと漬け込みます。

時間も計り始めます。

 

色は…変わらないなぁ。


f:id:snkd97:20210403203303j:image

3分経っても少し色が濃くなったくらいです。

液の色で濃く見えてるだけかも。

 


f:id:snkd97:20210403203353j:image

もっと濃い5倍くらいの液に浸してみます。

うーん、変化無し。

 


f:id:snkd97:20210403203443j:image

色付きませんね~。

またもや…

試しに身近な銅と真鍮の円形の板を投入してみました。

なんか変化しないなぁ。

 


f:id:snkd97:20210403203525j:image

またもや黒錆化できず。

長期戦で漬け込むかなぁ?

困りました。

 

もう少し考えて再度チャレンジですかね!

またまたアリエクで…

最近また色々と仕込みというか仕入れをしてます。

何気に儲かるカスタム時計♪

 

アリエクで安いケースを買ってみました。


f:id:snkd97:20210330004451j:image

初っぱなから口がアングリですよ。

 

何この梱包?

発泡スチロールの箱のなかでゴロゴロと転がる物体は透明樹脂カバーが付いたケースですよ。

 


f:id:snkd97:20210330004633j:image

こんなの。ベゼルインサートもポロリと外れました。

Nって何?

 


f:id:snkd97:20210330004719j:image

こんなもので梱包しなくてもいいのに。

「ダイビング時に傷から守る透明樹脂カバーです。)キリッ」

と、売り出してみるかw

 

 


f:id:snkd97:20210330004908j:image

それにしても何このガラス?

何か梱包シートでも貼ってある?

と、グリグリ剥がそうとしても剥がれない?

 

…もしや!( ゚д゚)ハッ!

 


f:id:snkd97:20210330005023j:image

「合成サファイアミラー」

 

あ、やってもうた!

また変なの買ってしまった…オレンジのミラーガラス。

いらない…

 

回転ベゼルの回りもイマイチ。

ガスガスした感じで回転する。一応クリック感はあるけど、気持ちよくない。
f:id:snkd97:20210330005221j:image

ケースの質がとてもいいヨット先生と比較してみた。リューズの形が違う。

 

 


f:id:snkd97:20210330005440j:image

ヨット先生はケース裏に刻印がある。このケースいいですよ!

 


f:id:snkd97:20210330005516j:image

今回買ったケースはヨット先生と比べると裏蓋が妙に立体的だ。

 


f:id:snkd97:20210330005622j:image

リューズガードもちょっとのっぺりしていると思ったら、形が微妙に違う。

左からヨット先生、今回の、緑の潜水艦と並んでる。

横からみるリューズガードがヨット先生と緑の潜水艦は楕円状に尖っている。今回のは正円に近い形状だ。だが、正直正円だとカッコ悪く見える。

 

とまぁ、こんな違いがあるので、何かの参考にしてください。

 


f:id:snkd97:20210330010112j:image

ベゼルについてですが、今回は二色のものを買ってみた。

 


f:id:snkd97:20210330010157j:image

おいおいおいおい!

緑は塗っただけかよ!!!

 


f:id:snkd97:20210330010251j:image

ケースの中にあるスペーサーかな?

切り屑かと思ったよ。

 

うーん、イマイチなケースだな。

色々と不思議仕様もあるけど、イマイチな感じ。

 

では!

 

マチックが魔チックになるために。その2

黒錆びで真鍮ケースをコーティングするために色々と下調べしました。

私たちの身近な真鍮が使われているものとしては五円玉があります。銅が80%くらい、亜鉛が20%くらいの金属です。

結構、対薬品性も高く、薬品をよく選ばないと色が変わらないらしいです。

 

この真鍮を黒錆化させるいい薬品がbrass blackと呼ばれるもので、先日写真を載せたこれです。


f:id:snkd97:20210327183458j:image

 

早速、アマゾンでポチッと…出来ない!

あれ、何処もかしこも売り切れです。

 

色々と調べると、劇薬過ぎて日本に輸入できなくなったらしい。

 

マジか…他の薬品は真鍮が対応外だったりするからな…

 

そんなに劇薬なのか?と思い調べると、処理に困るくらいの劇薬だそうで、ステンレスシンクに流すと穴が空くそうですw

あと、発癌性があって、気化したものを吸うのもNG。

かなりヤバめなものみたい。

 

 

まぁ、代わりの薬品も見つからないから、もう少し弱めの液体を探していると…

 

お酢と紅茶で染められるらしいとの情報が!!!

フムフム、濃い紅茶にお酢かレモン汁を入れてそこに漬け込むのか。

それなら手に入るな。

 


f:id:snkd97:20210327184027j:image

レモン汁。


f:id:snkd97:20210327184043j:image

紅茶。

 

やれば出来るな!(準備だけど!)

 

 

レモンのクエン酸と紅茶のタンニンが何やらコラボして黒くなるらしい。

理系の説明とは思えない文章だなw

 

これらを紅茶3、レモン1くらいで混ぜて、しっかり脱脂したケースをドボン。


f:id:snkd97:20210327184340j:image

 

 


f:id:snkd97:20210327184413j:image

細かな泡がプクプクと出てきて、アールグレイのいい香り。これって只の紅茶じゃなかろうか?

 

 

こんなんで染まるんかな?

劇薬とは真反対のエコでヘルシー&デリシャスな液体ですからねぇ。

 

 

…で、何分待っても染まりません!

 

うーん、やっぱり地球に優しすぎたか…

 

賭けになりますが、劇薬を用意しますかね…

マチックが魔チックになるために。

ネジ込み式リューズを付け、ケースを削り、オリジナルとは一味違う時計なったセイコースポーツマチック5。


f:id:snkd97:20210324225451j:image

 

5マークとセイコーの駒マークが共存するモデルとして、実は希少価値があるらしい…


f:id:snkd97:20210324225747j:image

…早く言ってよ…原型留めてないよw

 

通りでモデル名からよく解らないわけだ。

 

そんなスポーツマチックがスポーツ魔チックに成り得たか、と問われれば「否!」と言わざるを得ない。

 

魔チックとは、魔改造されたスポーツマチック。ヴィンテージとは一線を期した現代風魔改造が施される時計のはずだ。(誰が決めた?)

 

それが、このままの姿で終わるわけにはいかない。何故なら真鍮むき出しのミドルケースは腐食が進み黒ずんでいく。

風合いという点ではいいだろう。しかし、それは魔チックとは違う!と、私の心の中から声が聞こえた。

 

前置きはこれくらいにして、簡単に説明すると、狙ってるのはヴィンテージではなくて、もっと今風な時計だ。デザイン的に無理?

うーん、そうかもしれないけど魔チックへのハードルとしては面白いことを思い付いた。

 


f:id:snkd97:20210324230450j:image

この液体はガンブルーとか呼ばれたりもするブルーイング用の液体。

そう、腐食が進む真鍮に、ブルーイング加工を施し、青黒く鈍く光るボディにしようというわけ。

プラモデルやジッポ、ゴルフクラブなんかをブルーイングするというのはウェブで調べると見かける。

染色とあるが酸化皮膜を形成するってことかな?

 

しかし、ヴィンテージの時計にやっている例はみない。

これは、マチックが魔チックになるためにはピッタリのお題ではないか!

で、出来るのか?何か不味くないか?

 

情報をお持ちの方は至急ご連絡を!

 

銀と金のコンビのヴィンテージから、ガンメタリックに光るコンビへと変身し、真鍮の腐食も防ぐなんて、ヴィンテージ時計のカスタムには面白すぎる!

 

ということで、「早まるな!」という方はご一報を。(しつこい?)

 

誰か止めてくれないと、やっちゃうよ?

 

いいんだよね?(ちょっと心配してる)

 

Xデーは今週土曜日だ。

まずはガンブルー液を調達しないと。

 

では、情報を待つ。(誰か止めないの?)

リューズの妄想 その8

今週も出張から始まり、今は飛行機のなかです。f:id:snkd97:20210323193810j:image

出張のお供はホワイトアウトですが、ポケットにはこっそり?スポーツマチック5を忍ばせています。

非常事態宣言が解除されて飛行機も大混雑です。ガラガラだった頃が懐かしい…

 


f:id:snkd97:20210323194002j:image

リューズを緩めたところです。

 

昨日の朝に撮影したものです。

珍しく日付があってます。

そう、この時計は日付を合わせるのが超面倒なんですよ。

それが合わせられるってことは、やはりリューズのお陰です。

 

このスポーツマチック5のねじ込みリューズ化には結構時間がかかりました。

何に時間がかかるかって…覚悟するのにw

 

パイプや穴を削る前から薄々気付いてましたよ、コイツくせ者だって。

この時代の巻き芯のネジピッチは今の7s26と違うんですよね…

巻き芯の調整に手こずるのは解っていました。

 


f:id:snkd97:20210323194639j:image

巻き芯を熱して接着剤を無効化してばらしました。本来なら半だゴテをあてて、ジワジワと暖めるべきですが、リューズは外したら使わないのでライターでボワーッと炙りました。

 

すると、リューズが真っ赤になったので火から外すと黒っぽく変色しました。


f:id:snkd97:20210323195005j:image

良く見ると、青と紫に変色してます。もしかして青焼き?ブルースチール

このリューズの材質は何だったんだろ?鉄だったら錆びてると思うし、熱すると青くなったということは…?

いい色に焼けていますw

 

巻き芯とリューズの接合は長さも問題で、そのままネジ込み式リューズを付けると短い。エクステンションを一番短くして付けると長い。

 

うーん、困ったなあ、ということでエクステンションのナット側も削ってどうにか長さを合わせました。

この辺の写真はありません。困ったことが起きると心に余裕がなくなり写真が減るのですw

 

巻き芯のネジピッチが違うことは力業で解決です。

スポーツマチックの巻き芯は細く、エクステンションのナット側にすっぽり入ります。

そこで、ロックタイトを塗って差し込み、細いラジオペンチでナット部分を潰して噛ませました。意外と上手くいくもんですね。

 


f:id:snkd97:20210323200002j:image

ということで、本当に途中の写真がなくて、自分にイラッとしながらのブログです。

リューズを引っ張り出すとこんなに飛び出すんで、日付合わせも楽々です。



f:id:snkd97:20210323210030j:image

この時計はまた今度詳しく紹介しましょう。

スポーツ魔チックになるためにもう一つの試練があります。

 

では!


f:id:snkd97:20210323205729j:image

アリエクで…

色々購入しているアリエクスプレスですが、妙に安い商品もあったり、びっくりなものが届いたり、ネタにはつきませんw

 

最近ちょっと気になったのが、この時計。


f:id:snkd97:20210321093517j:image

よく見かけるような怪しい中国ブランドですが、ケースはよくパーツで見かけるモノのような…

ブレスも無垢だし、これってケースとブレスと針をパーツとしてバラしても4700円ならお買い得では?

文字盤だって自作のベースに出きるし、ムーブメントは分解して遊べるし。

クジラのように余らす部分はなさそうw

 


f:id:snkd97:20210321093843j:image

リューズはネジ込み式だろうか?

ガラスはハードレックスだけど交換前提だからいいかな。


f:id:snkd97:20210321093907j:image

夜光は一応光るらしい。ま、怪しいけど。

 

 


f:id:snkd97:20210321093855j:image

怪しいムーブメントが見えます。

裏ぶたの刻印は磨いたら消せそうw

 

さて、部品として購入するのもアリだけど安すぎて怖い。

仮に商品代の内訳を考えると

ケース2000円

ブレス1000円

針  200円

文字盤300円

ムーブ800円

送料 200円

組み立てる人のお駄賃200円

計4700円

 

こんな感じか。

お駄賃200円でいいのか?w

どう考えても元が取れない値段だなぁ。

ケースとブレスがもっと安いのかなぁ?それはそれですごい値段だと思うけど。

 

ということで、買ってみたい…

購入動機が不純すぎますけどw